第111回 6月3日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第111回 6月3日放送 “It was a white lie.”

今回のフレーズ : 
“It was a white lie.”
「ちょっとしたウソだったんだよ」
シチュエーション : 
ハナとティムは、今日、ディナーを一緒にしたらしいのですが・・・。
Hana  : 
I enjoyed having dinner at your parent's house.
Tim  : 
Did you really like my father's cooking?! It's pretty bad.
Hana  : 
No, actually not really. It was a white lie. I didn't want to hurt his feelings.
ハナ  : 
ご両親の家でのディナー、楽しかったわ。
ティム  : 
本当に父さんの料理がおいしいと思ったの?!まずかったけど。
ハナ  : 
ううん、実はあんまり。ちょっとしたウソよ。傷ついてほしくなかったから。

さらに使える表現はこちら
It was a harmless lie.
「それは罪の無いウソだったんだよ」
解説
"white lie"とは、相手のために良かれと思ってつく、ちょっとした罪の無いウソのこと。相手を喜ばせたり、良い気分にさせたりするために、気をつかって言う、方便のようなものです。当たり障りのない"harmless"なウソということです。
なぜ、"white(白)"なのかというと、"black(黒)"は「悪いこと・いけないこと」を連想させますが、白は、良いことを表わす色とされているからです。状況によっては、「お世辞」というニュアンスで使われることもあります。
Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ