第142回 1月4日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第142回 1月4日放送 “It was a bit too demanding.”

今回のフレーズ : 
“It was a bit too demanding.”
「ちょっとキツ過ぎたなあ」
シチュエーション : 
GregとHanaはスキーを楽しんでいます。
Greg  : 
How did you find that ski run?
Hana  : 
It was a bit too demanding. I might ski on the easier runs for a while.
Greg  : 
このスキーコースはどうだった?
Hana  : 
私にはちょっとキツ過ぎたわ。しばらくやさしいコースですべってたほうが良さそう。

さらに使える表現はこちら
行動に対して:
“It's too difficult.” 「難しすぎる」
人に対して:
“She's very pushy.” 「彼女はでしゃばりだ」
解説
あることが、自分が思っていた以上に、難しかったり複雑だったりするときに、使う表現です。「いやあ、きっついな」と思うことがありますよね。そういうときに使います。ちなみにdemandは“要求、要求する”という意味。「〜すぎる」という意味の“too”がついているので、直訳すると「要求しすぎ」ですから、気持ちとしては、「そんなに要求してこないでよ」=「できないよ、無理だよ」というニュアンスで覚えておくといいですね。

例)Yvonne: How was the hike?
John: It was a bit too demanding for me. I couldn't finish it.
Yvonne: ハイキングはどうだった?
John: 僕にはちょっとキツすぎたよ。最後まで歩けなかった。

こんな使い方も・・・

例)Janetは婚約者のBradとその両親とランチをしました
Janet: I'm glad that's over. I like your family, but they can be exhausting.
Brad: I know. My mother can be a bit too demanding.
Janet: 終わってよかった。あなたの家族は好きだけど、疲れちゃった。
Brad: だよね。ちょっとうちのママ(の質問攻め)はキッツイな。

Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ