第186回11月9日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第186回11月9日放送 “Outstanding”

今週の歌 : 
Outstanding / Gap Band
今回のフレーズ : 
“Outstanding” 「ずば抜けてすごい」
例文 : 
Wow! The performance was outstanding!
「わお!あの公演はずば抜けてすごかったよ!」
解説 : 
何かが“outstanding”であるというのは、ずば抜けて素晴らしいということです。
さらに使える表現はこちら
“amazing” 「素晴らしい」
“out of this world” 「天下一品だ」

今週のMarvin先生のカリスマアンサー

このコーナーでは、毎週「Marvin's Natural English」で紹介されたリスナーからの質問と、Marvin先生の回答をご紹介いたします。

なぽうさんからのご質問

日本では食事の際に「いただきます!」がありますが、英語にも同じフレーズはありますか?
他にも、家に帰ったら「ただいま」「おかえり」、お仕事が終わったら「お疲れさま」なんてやり取りがありますが、英語ではどうでしょう?
昔、ネイティブに「日本は何かをする時に言うことが多すぎる!」なんてことを言われた覚えがあります。

Marvin先生からの回答

Hello なぽうさん, and thanks for your message!

本当! 確かに多すぎるよね(笑)!

でも感謝の気持ちを表すのはいいことですよね。

Marvin

食事の前の「いただきます」に該当するフレーズはないですね。
アメリカではお祈りをして、じゃあ食べるか、という感じです。(最近はお祈りをしない家族も増えていますけどね。)
家に帰ってきたときには、“I'm home!(ただいま)”と言いますが、「おかえり」はないかな。
仕事が終わった後は、“See you later.”や“Let's go drinking.”など言いたいことをみんな言っているよ。

決まったフレーズは特にないから、好きなことを言っていいと思いますよ!

Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ