第210回4月26日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第210回4月26日放送


今週のMarvin先生のカリスマアンサー

今週は、「Marvin先生のカリスマアンサー」をお届けしました。番組で紹介されたリスナーからの質問と、Marvin先生の回答をご紹介いたします。

Smileさんからのご質問

ミュージカルの初日に、出演者に「頑張れ!」という意味で“Break your legs.”と言うそうですが、
スポーツ選手に「頑張れ!」という意味の言葉を英語で言うとしたらどのように言うのか教えて下さい。

Marvin先生からの回答

正しくは、“break a leg”という表現ですね。日本語で「ケガをしなさい」と意味なので僕もなぜこの表現が「頑張れ!」という意味で使われるのかはわかりません。
以前はこの表現もスポーツの場面で使われていたようですが、最近では、“Just do it.” “Do your best!”そして“Go for it!”などの表現がよく使われるようです。
相手にプレッシャーを与えないようにという気持ちを込めて“Have fun.”と伝えるのが良いと思います。

ありがとうSmileさん!

B77Rさんからのご質問

Marvinさん、智里さん、こんにちは。今日は海外でのタクシートラブルについてお聞きしたく、メールさせていただきました。
もし海外でタクシー過剰料金請求が発生した場合、Marvin先生ならどのような対処法をとられますか?また、良い英語表現などありましたらお聞かせください。

Marvin先生からの回答

これは難しい質問ですね。なぜなら、私は外国でタクシーに乗る時はいつも行き先までの値段を先に聞いてしまうからです。
外国だとメーターの料金以外にチップとか サービスチャージなどが加算される事もありますからね。もしメーターの料金が違ったら聞いてみるしかないですね。“Why is it different?”とか“Why is it more?”などが使えるかもしれません。
先に料金を確認する場合は、“How much to 〜(目的地)?”という表現が良いかもしれませんね。

ありがとうB77Rさん!

Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ