第266回5月23日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第266回5月23日放送


今週のMarvin先生のカリスマアンサー

今週は、「Marvin先生のカリスマアンサー」をお届けしました。
番組で紹介されたリスナーからの質問と、Marvin先生の回答をご紹介いたします。

ラジオネーム:キングカツさんからのご質問

私は、ビジネス英語を勉強中の営業マンです。
まだまだ実践するのは難しいのですが、いま覚えたいのは“つかみ”の会話です。
外国の方に親近感を持ってもらえるには、どのような話題が良いのでしょうか?
普段は、ゴルフやお酒のお誘いなんかをしているんですが・・・。

Marvin先生からの回答

会話の“つかみ”は難しく感じるかもしれないけれど、簡単なことなんですよ!
まず大切なのは、相づちを打って相手の話に反応をすることですね。
ただずっと話を聞いているだけだと会話が広がりません。
だから相づちに加えて、冗談を交えて相手の発言と反対のことをわざと言ってみたりすると会話が盛り上がりますよ。

日本語でも相づちを打ったり、冗談でその場の空気を和ませたりしますよね?
それとまったく一緒ですよ!

頑張ってくださいね。キングカツさん

ラジオネーム:たかこさんからのご質問

私は子供の頃ピアノを習っていました。 日本では子供の習い事といえば、ピアノやサッカーや野球などが一般的だと思いますが、アメリカではどうなんでしょう?

Marvin先生からの回答

僕にも子どもがいるので分かりますが、たくさんの習い事がありますよね。
ピアノ、サッカー、バスケットボールにそろばんなど・・・。

実はアメリカでも同じような習い事をしますよ。
ただし大きく違うのは、日本で習い事をするとお金がけっこうかかりますが、
アメリカだとそんなにお金をかけずに(場所によっては無料)習い事ができるんです。

子どもたちには、いろいろな習い事をして自分の好きなことを見つけて欲しいですね。

質問ありがとう!たかこさん

Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
日常のコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Snapshots New」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ