第296回12月19日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第296回12月19日放送

今回のフレーズ : 
“get it over with” 「さっさと片づける、ケリをつける」

2人は、重要なプレゼンをしなければいけません。


Peter : 
Do you think the CEO will be there?
Sandra : 
I don't know, but let's just get it over with.
Peter : 
CEOが出席するか知ってる?
Sandra : 
分からないわ。でもこの件は早く片づけちゃいましょう。

解説 : 
難しい作業、やりたくない作業を早く終わらせたい時に使います。
この場面で他に使える表現はこちら
“be done with it” 「終わらせる」
“get something out of the way” 「〜を片付ける、〜をどかす 」
Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
日常のコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Snapshots New」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ