第72回 8月27日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第72回 8月27日放送 “It's time for me to hit the hay.”

今回のフレーズ : 
“It's time for me to hit the hay.” 「寝る時間だ。」
シチュエーション : 
ケイとジャックはクラブにきています。
Kei  : 
Well, it's getting late. I think it's time for me to hit the hay.
Jack  : 
OK, I'll see you soon.
Kei  : 
I'll give you a call next week. See you!
ケイ  : 
おっと、遅くなっちゃったな。家に帰って寝る時間だ。
ジャック  : 
わかった。また会おうな。
ケイ  : 
来週電話するよ。それじゃ、また!

さらに使える表現はこちら
"It's time for me to go to bed."
もう寝る時間だ。
「寝る時間だ」という意味はありませんが、その場を後にする時に使われるのが、
"I should get going." そろそろ行かないと。
"I should head off." そろそろ行かないと。
解説
"Hit the hay"は、「寝る」ということを表すスラング(俗語的表現)です。
この表現は、夜に、パーティーなど人が集まる場所へ出掛けた時、家に帰って寝る時間なので、その場を離れないといけない、ということを伝えるためによく使われます。スラングなので、一般的にはカジュアルな場面だけで使われていますが、同僚や仕事仲間と夜に出かけた場合でも使うことができます。
Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ