第91回 1月14日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第91回 1月14日放送 “It was touch-and-go.”

今回のフレーズ : 
“It was touch-and-go.” 「どうなるかわからなかったんだ。」
シチュエーション : 
ハナとゲーリーは友達です。カジュアルな会話をしています。
Rika  : 
How have you been, Gary?
Gary  : 
Not good. My mother's been sick. She's in hospital at the moment.
Rika  : 
Oh no! Is she OK?
Gary  : 
It was touch-and-go for a while, but she's OK now.
リカ  : 
調子はどう、ゲーリー?
ゲーリー  : 
よくないな。母が病気でね。今、入院しているんだ。
リカ  : 
大変!大丈夫なの?
ゲーリー  : 
一時期はどうなるかわかならかったんだけど、今は大丈夫。

さらに使える表現はこちら
(危ない状況を避けることができたという時)
It was a close call.
危機一髪だった。
(今、危ない状況だという時)
It's too close to call.
まだこれからどうなるかわからないんだ。
解説
何かが'touch-and-go'だという場合には、結末の予測がとても難しい、不確かな状況にあるということを意味します。会話例にもあるように、この表現は、誰かが事故や病気などで死の危機にある、といった場合など、危険度が高い場合によく使われます。
Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ