ラーニングスタジオの1日

LSマネージャー寺嶋 幸子 2008年入社

■プロフィール

オーストラリアでワーキングホリデーを経験し、帰国後英語に携わる仕事がしたいと考えていたときにGabaに出会いました。これからの日本の成長には英語力の向上が欠かせないと考えていたので、同じ思いを持ったGabaの企業理念にも共感し、また沢山の人々とコミュニケーションがとれる仕事内容にも魅力を感じて入社しました。

11:30 出社

12:00 ラーニングスタジオの当日の予約状況や業務連絡の確認

12:30 報告書作成

ラーニングスタジオマネージャーは、ラーニングスタジオ全体の売上管理および運営を任される立場です。過去の売上状況の分析や、運営上の課題点などを抽出した報告レポートを作成します。売上やレッスン数の目標数値以外にも、半期ごとに設定されたカウンセラー育成やレッスンの質の向上戦略に関しての進捗状況も随時チェックしています。その後、進捗状況や課題によってスタッフとも情報共有し、具体的な対応策に落とし込み、アクションを取っていきます。マネージャーとして、目の前のことだけではなく、中長期的な経営視点を持つことを心がけています。

14:00 全体ミーティング

LSでは月初に定期的に全体ミーティングを行います。先月の売上やレッスン数など、各担当のカウンセラーから報告をしてもらい、次の目標や達成へ向けた施策などを全員で共有します。さらに自由な意見交換の場でもあるので、日頃からスタッフ全員が意見を出しやすい、風通しの良い環境づくりを心がけています。こうしてチーム全体を動かし、カウンセラーや会社全体の成長へ貢献していると実感できる時、ラーニングスタジオマネージャーだからこそのやりがいを感じます。

15:00 ランチ

16:30 リードカウンセラーとのミーティング

リードカウンセラーは、カウンセリング業務を行いながら、チーム全体を牽引していくことが求められるため、ラーニングスタジオ全体やチームメンバーのことについてミーティングの場をよく持ちます。この日は、既存クライアントへの学習カウンセリングに対する満足度を高めるためにはどうすべきか、ということについて話し合いました。大園さんと意見を交えながら、今後それぞれのカウンセラーがGabaのカリキュラムや英語学習に対する知識をより深め、それらを踏まえた学習に対する提案力強化を図っていく必要があるという結論に。そのためのアクションプランを設定し、メンバーに共有することにしました。

18:00 インストラクターサポートリーダーとのミーティング

インストラクターサポートリーダーとは、二人三脚でレッスンの質と量をマネジメントしていく必要があります。インストラクターのまとめ役であるKerimからはインストラクターの育成状況やレッスン数管理の進捗状況を、私からはラーニングスタジオ全体の売上状況やカウンセラーたちの各タスクの進捗などをお互いに報告し合います。情報を共有する中で、協力が必要なタスクや課題について話し合います。Kerimは常に冷静に状況を分析し、綿密な解決策を提案してくれるのでとても頼りになる存在です。

19:00 クライアント対応フォロー

21:00 退社

↑このページの先頭へ