第67回 7月23日放送分 - Marvin's Natural English 実用英語講座 英会話スクールのGabaマンツーマン英会話

お知らせ 12/11(日)のお電話でのお問い合わせは18:00までとなります。
Gabaマンツーマン英会話 presents Marvin's Natural English

第67回 7月23日放送 “I'd rather not.”

今回のフレーズ : 
“I'd rather not.” 「遠慮しておきます。やめておきます。」
シチュエーション : 
ハナがロンドンの街を歩いていると、露天商が何かを売ろうとして声を掛けてきます。
Vendor  : 
Excuse me, miss! Try on this hat. I think it will suit you!
Hana  : 
I'd rather not, but thanks anyway.
露天商  : 
すみません、お嬢さん!この帽子をかぶってみて。あなたに似合うと思うよ。
ハナ  : 
遠慮しておきます。でも、ありがとうございます。

さらに使える表現はこちら
No thanks.
遠慮しておきます。
I'm okay, thanks.
私は大丈夫です。ありがとうございます。
上の2つのフレーズは、よりカジュアルな場面で使われます。
解説
このフォーマルな感じのフレーズは、他人からの申し出や要求を、礼儀正しく断るときに使われます。通常は、見知らぬ人、レストランやお店の人、あるいは、自分がよく知らない他の人に対して使われるものです。一方、友達に対して使った場合は、少し失礼に聞こえます。なぜなら、友達に対して使うにはフォーマルすぎて、距離を感じさせてしまうからです。このフレーズは、カジュアルな場面でも、ビジネスの場面でも使うことができます。
Gabaからのお知らせ

このような今すぐ使える英会話フレーズは、Gabaのカリキュラム教材にぎっしり詰まっています!
オフィスでのコミュニケーション英会話がしっかり身につく「Career」シリーズがおすすめです。
詳しくは、0120-286-815までお気軽にお問い合わせください。

Marvin's プロフィール
Marvin Dangerfieldアメリカ ニューオーリンズ生まれ、デトロイト育ち。
日本在住20年以上のバイリンガル。
ラジオのDJ経験は東京、千葉、横浜、神戸など数しれず。
またテレビやゲームソフトなどの映像の分野にも出演・制作参加を。 趣味は野球、相撲、ラップなど。

ページの先頭へ